外し忘れた28年前のコンタクトレンズがまぶたの裏側に! イギリスの42歳女性

この記事をシェアする
ハードレンズがズレるトラブルは誰もが経験(画像はイメージです)
ハードレンズがズレるトラブルは誰もが経験(画像はイメージです)

28年も前のハード・コンタクトレンズが上瞼の奥深くから発見され、あまりにも驚いているというイギリスの女性。症例報告オンライン・データベースの『BMJ Case Reports』に8月10日付で投稿された内容が波紋を広げている。

現在42歳だというその女性が眼科医を受診したきっかけは、半年ほど前に左の眉毛の下にしこりが生じて徐々に膨らみ、瞼の下垂が始まり、痛みが増してきたからであった。上瞼の裏には8mm×6mmの嚢胞が出来ており、その切除手術が行われると、なんと中からレンズが飛び出した。粘膜組織がレンズを異物とみなし、嚢胞を作ることでそれを覆ったことが考えられるという。

その原因について女性が「思い当たる節はない」としていたなか、貴重な情報を提供したのは母親であった。14歳の時、バドミントンの試合中にシャトルが目を直撃し、そのはずみでコンタクトレンズがずれたことがあったというのだ。当時、本人は「落ちた」と思い込んでいたため、レンズを探すことをしなかったという。女性はその後にハード・コンタクトレンズを使用したことがないため、母親の指摘が図星である可能性はかなり高いようだ。

参照:『CBS News』Woman’s lost contact lens found in her eyelid – 28 years later

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
コロラドの大学、卒業証書に痛恨のスペルミス 発行済み9,200枚を再作成か
客室乗務員エアコン電源を入れ忘れる 乗客300名、45℃の機内に1時間<ロシア>
名付けて「ミュータント・ポテト」 重さ8kg、人の足そのまんまのジャガイモが話題に<ブラジル>
屋外に保存していた卵ケースからヒヨコがぴょん! 異例の猛暑に苦しむ韓国ソウルで
「あっちゃちゃちゃちゃ~~っ!」 バースデーケーキにかぶりついた男児の髪にキャンドルの火が<チリ>