<元外資系CAその世界を語る>Vol.13 緊張感みなぎる空の仕事 ファーストエイド=救命救急

この記事をシェアする
 ミュンヘン・ステイでベネツィアへ(Photo by 佐藤めぐみ)
ミュンヘン・ステイでベネツィアへ(Photo by 佐藤めぐみ)

~外資系エアラインのCAとして世界81都市に飛んだ日々~

真剣な訓練、研修のひとつが、お客様が機内で起こす可能性の高い体調異変について学ぶことです。飛行機酔い、風邪による諸症状、食あたりによる下痢や腹痛であればクルー自身も経験があるためなんとか対処できるものですが、喘息やけいれん、過呼吸、パニック発作、脱水症状、失神、骨折、糖尿病の症状、低血糖、高血糖、激しい頭痛、心筋梗塞や狭心症などは私にとっては未知の世界でした。それらについては前兆についても学び、その段階の訴えに気をつけることで大病の発症を未然に防ぐよう、こちらも精一杯努力しました。低血糖や高血糖で対処法が異なり、「心臓発作」と言っても心筋梗塞と狭心症の2つに分類され、それぞれに対処法が違うため本当に真剣な勉強でした。



フライト前のブリーフィングでは、そのあたりの知識も一問一答形式で毎回のように確認されますから、症状、前兆、対処法、お出しするお薬の名前などをしっかりと答えなければなりません。ところが常備されている20種類ほどの薬はすべて外国製で、聞いた事も見たこともない横文字のパッケージばかりなのです。制酸作用のある胃薬「アンタシジン(Antacidin)」は、“胸焼けするアンタ(は)詩人”。自分なりの語呂合わせと工夫で、薬の名前を頭に叩き込んだものです。

ところで、「機内に急病のお客様がおります。お客様の中にお医者様、看護師様はいらっしゃいませんか?」というアナウンスを耳にした方も多いのではないでしょうか。フライトがもたらす体の不調には深刻なものも多々あり、機長が心臓発作を起こしたことすらありました。飛行機が上昇すると地上の70~80%、富士山の5合目程度にまで酸素が薄くなり、気圧も低下しますから、乗っているすべての人の体に色々な変化をもたすことになります。代謝が弱まり基本的に体がむくみやすくなる上、機内では地上の2倍お酒に酔いやすくなります。また、どこかに出血中の傷がある場合には出血や痛みが増し、かさぶたが剥がれて再出血したり、傷跡や手術跡が膨らんだり傷んだりもします。

また臨月近くの妊婦さんが産気づいてしまうことがあり、フライト中に出産という緊急事態も実は珍しくありません。そのため私達クルーは出産介助の手順も少しばかり習います。私にとって最も不安でならなかったのが、この突然の出産に立ち会うことと心臓発作でした。何しろこの2つは私のいたエアラインだけでも2か月に1度の割合で起きており、その話はいずれ必ず伝わってくるのです。そして残念なことに、心臓発作を起こした方で助かったという話は聞いた事がありませんでした。

(次のページへ)