<「これが知りたかった!」英語表現> 突然の訃報に悲しむ友達 そんな時こそ役立つ優しい言葉 in English

この記事をシェアする
大切な人を亡くした人に、どんな言葉をかけるといいのか…? (Photo by Austin)
大切な人を亡くした人に、どんな言葉をかけるといいのか…? (Photo by Austin)

Hi, how are you guys doing? ここカリフォルニアはものすごく暑い日が続いていて、僕もギブアップ寸前さ。日本の皆さんも、どうか体調に十分気を付けてね。とは言っても人間だから、時には病気にもなるし、最悪の場合には大切な人を突然亡くしてしまうこともある。そんな時、気落ちしている人に対し僕達はどんな言葉をかけたら良いんだろう。

ということで、今日は大切なご家族を亡くしてしまった僕の友人ロビン、そして僕のやり取りをいくつかご紹介してみたいと思う。

Austin: How are you doing?
調子どう?

Robin: I’m okay, staying strong.
俺なら大丈夫。強い気持ちを保ててるよ。

Austin: That’s good.
なら良かった。

Robin: Yeah, but it’s hard at the same time.
うん。でもやっぱり辛いもんだな。

Austin: I’m sure it is. If there’s anything I can do for you, just get ahold of me.
そうだろうな。もし俺にできることがあったら、俺に連絡してこいよ。

Robin: Thank you, it means a lot.
ありがとう。すごくありがたく思ってる。

そしてもし自分も故人と親しい間柄だったのなら、こんな風に悲しみを分かち合ってあげてほしいな。

Austin: Are you okay?
大丈夫かい?

Robin: Yes, I’m okay. Just shocked really.
ああ、俺は大丈夫だ。ショックは受けてるけどな。

Austin: Yeah, it was sudden.
突然の事だったからな。

Robin: Yes, it was. I never thought he’d pass away so suddenly…. I miss him.
ホント、突然だった。あんなに急に亡くなるだなんて思いもしなかったから…。彼に会えなくて寂しいよ。

Austin: I miss him, too.
俺も同じ気持ちだ。

人の心に、そっと寄り添おう。(Photo by Austin)
人の心に、そっと寄り添おう。(Photo by Austin)

そして落ち込みの激しい人には、ぜひこんな言葉をかけてあげてほしい。

■ I’m always here for you.(僕はいつでもここにいるから。)

■ I know how you feel. I lost my brother last year.(君の気持ちは分かる。僕も昨年きょうだいを亡くしたんだ。)

■ Your grandma meant a lot to me, too.(君のお祖母ちゃんは、僕にとっても大事な人だったんだよ。)

■ He’s watching over you.(彼は君を見守ってくれているよ。)

■ He was so proud of you.(彼は君のことをすごく誇りに思っていたんだ。)

言葉って本当に大事だね。相手を酷く傷つけることもあれば、パッと癒すこともできるんだから。僕は平気で人を傷つける人は大嫌いだ。『エトセトラ』で英語を勉強してくれる皆さんには、優しい気持ちを存分に表現できる癒しの表現をいっぱい覚えてほしい―それが僕の願いです。

(Austin/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<「これが知りたかった!」英語表現> 友達と食事へ! レストランでは店員とのやり取りも…
<「これが知りたかった!」英語表現> 「どこで食べようか?」-提案表現や返事はコレが便利! 
<「これが知りたかった!」英語表現> レストランでのリクエスト表現 どんどんリクエストして大丈夫!
<「これが知りたかった!」英語表現> ファーストフード店でうまく注文したはずが、違う物が出てきた!
<「これが知りたかった!」英語表現> ファーストフード店で注文してみよう!