<洋楽マニア>切ない想いがギッシリの名曲 トキオ・ホテル『Monsoon』

この記事をシェアする
「一緒にどこかへ、2人だけで」という切ない想いがギッシリ 画像:YouTube『Monsoon』のサムネイル
「一緒にどこかへ、2人だけで」という切ない想いがギッシリ 画像:YouTube『Monsoon』のサムネイル

幼少期から音楽にハマっていたという双子のビル&トム・カウリッツが、ベースとドラムのメンバー2人と共に結成したドイツ発のバンド「トキオ・ホテル(Tokio Hotel)」。パッと見た感じ女性的に見えるビルがボーカルを担当しているが、彼の人気はこの素晴らしい楽曲『Monsoon』が話題になるなり多くの国で爆発、ヨーロッパのみならずアメリカの多くの若者の間でも高く支持された。

またこの楽曲の良さは、切なくもキャッチーなメロディー、そして歌詞の素晴らしさにもある。

And when I lose myself, I think of you.
Together we’ll be running somewhere new.
Through the monsoon. Just me and you.

【出典:Tokio Hotel『Monsoon』】

「僕は自分を見失うと、君の事を想う。」
「僕らは、一緒にどこか新たな場所に走っていくんだ。」
「モンスーンをこえて。君と僕、ふたりきりで。」

また同曲、そして同曲が収録されたアルバム『Scream』が好評だったこともあり、「トキオ・ホテル」はこの路線でしばらく突っ走り高い人気を維持したが、その後しばらくの活動休止を経て復活すると楽曲の雰囲気もガラリと変化しており、ファンも大変驚かされた。『Monsoon』を歌っていた頃は10代だったビルもすっかり大人になり、BILLYとして楽曲を発表するなどして活躍の幅を広げている。

動画:『YouTube』BILLY – Not Over You (Official Video)

また最近では楽曲の雰囲気も様々で、「昔のビル、そして以前のトキオ・ホテルのほうが良かった」という人も少なくない。ちなみに筆者が最も好きなのは『Monsoon』で、特に雨の日や少し凹んだ日には、必ずこの楽曲が収録されたCD『Scream』を聴きながら仕事をするようにしている。決して明るい歌ではないものの、落ち着いたメロディが心を癒してくれるからだ。

動画:『YouTube』Tokio Hotel – Monsoon

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<洋楽マニア>ハードロック好きにはコレ! シック・パピーズ『You’re Going Down』にパワーを貰え
<洋楽マニア>静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 ブライアン・カルバートソン ft. ハワード・ヒューイット『The Secret Garden』
<洋楽マニア>ハードロック好きにはコレ! バックチェリーの名曲『Sorry』
<洋楽マニア>静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 ナタリー・コール&ナット・キング・コール『Unforgettable』
<洋楽マニア>ハードロック好きな洋楽ファンにはコレ! パドル・オブ・マッド「We Don’t Have to Look Back Now」