<世界旅紀行>『トルコ』その3、イスタンブールから少し足を延ばして

この記事をシェアする
気球体験もできるカッパドキア(Photo by 朝比奈)
気球体験もできるカッパドキア(Photo by 朝比奈)

こんにちは、『エトセトラ』の朝比奈です。トルコの旅は2度経験していますが、見どころはイスタンブールのほかにも多数あります。

■ギョレメ国立公園「カッパドキア」

人の姿が見えますか?奇岩には巨大なものも多いカッパドキア(Photo by 朝比奈)
人の姿が見えますか?奇岩には巨大なものも多いカッパドキア(Photo by 朝比奈)

トルコの中部ネヴシェヒール地方のギョレメ国立公園の岩窟群は、特に「カッパドキア」の名で世界的に有名です。不思議な形をした奇岩が人々の目をくぎ付けにします。これは火山の噴火により堆積した凝灰石で、長い年月の風化と浸食の結果だそうです。

奇岩の群れに目を奪われる(Photo by 朝比奈)
奇岩の群れに目を奪われる(Photo by 朝比奈)

カッパドキアでは「ダルヴィッシュ・ケイヴハウス」に宿泊しました。朝食は実に気分爽快の庭で頂き、夕食はちょっと外に出ればレストラン街があり、名物の壺焼き料理が頂けます。

洞窟ホテルが並ぶカッパドキア(Photo by 朝比奈)
洞窟ホテルが並ぶカッパドキア(Photo by 朝比奈)

空は広大で空気が美味しく、とにかくすべてが新鮮。ここも地球の一部なのかと思うと、不思議な気分になりました。

カッパドキアの奇岩に囲まれたホテルで(Photo by 朝比奈)
カッパドキアの奇岩に囲まれたホテルで(Photo by 朝比奈)



■気球体験
カッパドキア宿泊者の人気のツアーは、早朝出発の「気球体験」です。せっかく出かけたからには、決してここでケチることなく、是非とも申し込んでみて下さい。左上に赤い気球が2つ見えますか? かなり上空まで連れていってくれるので本当にエキサイティングです。

カッパドキアの気球ははるか上空まで(Photo by 朝比奈)
カッパドキアの気球ははるか上空まで(Photo by 朝比奈)

参加者には、地面にセットされた気球がガスで徐々に膨らむこところから見せてくれます。

ガスでみるみる膨らむ気球(Photo by 朝比奈)
ガスでみるみる膨らむ気球(Photo by 朝比奈)

気球の高低は炎の勢いをコントロールし操作します。周囲にもたくさんの気球が飛んでいますから、決してぶつからないよう風も意識しながら方向も慎重に操作。カゴに乗る20名ほどの命を預かっているのですから、パイロットさんは真剣そのもので「キャプテン」と呼ぶべき見事なコントロールでした。

気球のパイロットは真剣そのもの(Photo by 朝比奈)
気球のパイロットは真剣そのもの(Photo by 朝比奈)

空の旅から無事“帰還”するとシャンパンでのお祝いが待っていました!

気球体験後は記念証書とシャンパンが待っていました(Photo by 朝比奈)
気球体験後は記念証書とシャンパンが待っていました(Photo by 朝比奈)


■クルーズ体験

出発点はヨーロッパ側のエミノニュ。波止場には観光客向けの、あるいは地元民のための大型船から小型船までずらりと並んでいます。1回目のイスタンブールでは王道となるポルポラス海峡クルーズを体験しました。そちらをご紹介したいと思います。

連絡船や観光船がずらりと並ぶイスタンブール歴史地区のエミノニュ(Photo by 朝比奈)
連絡船や観光船がずらりと並ぶイスタンブール歴史地区のエミノニュ(Photo by 朝比奈)

オスマン帝国時代のルネサンス様式の宮殿。ドルマバフチェ宮殿です。

ドルマバフチェ宮殿(Photo by 朝比奈)
ドルマバフチェ宮殿(Photo by 朝比奈)

オスマン帝国時代に建設された宮殿がホテルになり、これまで世界中のVIPをお迎えしてきたそうです。

チュラーン・パレス・ケンピンスキー(Photo by 朝比奈)
チュラーン・パレス・ケンピンスキー(Photo by 朝比奈)

ボスポラス大橋は、黒海からマルマラ海に向かうスポラス海峡に建国50周年となる1973年にかけられました。全長は約1500m。その手前にある大きなステンドグラスの窓が特徴の白亜のモスクは、オルタキョイ・ジャーミィです。

ボスポラス大橋&オルタキョイ・ジャーミィ(Photo by 朝比奈)
ボスポラス大橋&オルタキョイ・ジャーミィ(Photo by 朝比奈)

ルメリ・ヒサルは1453年、スルタン・メフメット2世がコンスタンティノープルの戦いに備えて造った要塞です。

ルメリ・ヒサル(Photo by 朝比奈)
ルメリ・ヒサル(Photo by 朝比奈)

終点のアナドル・カヴァウは山の上にあります。ビザンチン時代の城塞です。登ればそこからボスポラス海峡と黒海が両方臨めると聞いて、筆者も頑張ってみることにしました。

アナドル・カヴァウのヨロス城(Photo by 朝比奈)
アナドル・カヴァウのヨロス城(Photo by 朝比奈)

※ 2回目のイスタンブール滞在では、地元民が利用するローカルな連絡船に格安料金で乗船しました。途中で「乙女の塔(クズクレシ)」が見えます。灯台、税関、軍宿舎として利用された歴史を持ち、現在はレストランになっているそうです。

乙女の塔(Photo by 朝比奈)
乙女の塔(Photo by 朝比奈)

対岸ではモスク見学をしました。トルコの人々はモスクをジャーミィと呼ぶようです。中には靴を脱いで自由に入れますが、女性はスカーフか何かで髪を覆う必要があり、基本的にはエントランスすぐに設けられた網のある木造りの部屋にいることになります。よって写真に写っているのはこの通り男性ばかり。女性たちは彼らのように前方に向かって歩くことは許されません。

女性は後方から祈りを捧げる(Photo by 朝比奈)
女性は後方から祈りを捧げる(Photo by 朝比奈)

■アンタルヤ
古代ローマの主たる港町であった時代の遺跡も残されている、トルコの大型リゾート地です。たくさんのヨットが停泊しているオールドハーバーには大型ホテルが建ち並び、「ターコイズ」と呼ばれる美しく透明度の高い地中海を臨みます。夏になると世界各国から観光客が訪れています。

美しい地中海と温暖な気候がアンタルヤの魅力(Photo by 朝比奈)
美しい地中海と温暖な気候がアンタルヤの魅力(Photo by 朝比奈)

宿泊したのは海沿いのホテル「Dedeman Antalya Hotel & Convention Center」でしたが、その後閉鎖されて「Akra V」として生まれ変わった様子です。

アンタルヤのホテルはリラックス感最高(Photo by 朝比奈)
アンタルヤのホテルはリラックス感最高(Photo by 朝比奈)

実はアンタルヤの滞在中に暴風雨に見舞われ、その後のプランが完全に狂ってしまいました。石灰棚とヒエラポリス(ともにパムッカレ)、そしてエフェスの遺跡(エフェソス)を見ることなく、アンタルヤでのホテル滞在を延ばさざるを得なくなってしまったのです。そのため「トルコにはまた行かなくては」という思いが強く残りました。

素敵な色のスカーフを買いました!(Photo by 朝比奈)
素敵な色のスカーフを買いました!(Photo by 朝比奈)

買い物も楽しくて、また必ず出かけたいです。大好きな国トルコ、待っていて下さい!



■本記事の画像著作権はエトセトラ・ジャパンにあります。画像を使用されたい場合はお問い合わせください。

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<世界旅紀行>目標は世界遺産「厳選52か所」を制覇すること
<世界旅紀行>Vol.2 『エジプト』その1
<世界旅紀行>Vol.2 『エジプト』その2 エジプト考古学博物館、ピラミッド、スフィンクスほか
<世界旅紀行>Vol.2 『エジプト』その3 ナイル川クルーズ4泊の旅
<世界旅紀行>Vol.2 『エジプト』その4 アスワンから夢にまで見たアブシンベル神殿へ