デミ・ロヴァート、薬物過剰摂取を経てリハビリ施設へ シカゴで治療も

この記事をシェアする
デミ・ロヴァート「私は闘い続ける」
デミ・ロヴァート「私は闘い続ける」

7月のこと、パーティで派手に騒いだ末に薬物を過剰摂取、意識不明の状態で発見され救急搬送されたデミ・ロヴァートが、ファンに対する感謝のメッセージをインスタグラムにアップした。今後に関する公式発表はまだないものの、すでにリハビリ施設で更生を目指しているとみられ、医師団の勧めもあってシカゴの病院にも飛んだと報じられている。

このほどデミ・ロヴァートがインスタグラムを更新し、「(依存症という)病気は時間が解決するようなものじゃないと気づいたの」「家族、関係者、スタッフ、医療関係者に感謝したい。みんながいなければ、こうしてメッセージを書くことはもうなかったでしょう」「これからも闘い続けます」といった内容のメッセージをアップした。これにより「命を落としかねない状態だった」と示唆したと思われるが、今後デミは専門家の助けを得ながら再びの更生に向け努力していくと見られている。

その方法として、デミは少なくとも3か月間はリハビリ施設で過ごしたいと考えているもよう。また場所については“絶対に人に知られない所”を希望したらしく、入所先を慎重に選んでリハビリを開始したもようだ。

しかし依存症の克服が大変困難なことは言うまでもなく、デミの医師団は「まずはシカゴでメンタルヘルスや依存症克服を専門とするスペシャリストに会ったほうがいい」と本人に勧めたもよう。これを受けデミはリハビリ施設を一時的に退所してシカゴに飛んだといい、「数日間の治療を受けてリハビリ施設に戻る」と『E! News』は報じている。

今のデミの強い気持ちと専門家の助けさえあれば、今度こそ完全な立ち直りに期待できるかもしれない。

参照:『E! News 』Demi Lovato Temporarily Leaves Rehab for Treatment in Chicago

画像:『Instagram』Demi Lovato

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
『スーパーマン』マーゴット・キダーの死因 酒・薬物の過剰摂取による自殺だった
ブラピ、アンジーの離婚申請から約2年で「もう10億円以上は支払った」
セレーナ・ゴメス、苦い恋を経て前向き「恋人を作る前にすべき事があるの」
すぐにバレちゃう自宅の住所 セレブだからこそ、あれこれ苦労している!
ブリトニー元夫ケヴィンが「子供たちの養育費をもっと」 ブリ父激怒で協議は決裂