パリス・ヒルトン37歳 ツルピカの超美肌&美ボディを維持する方法は? 

この記事をシェアする
パリス・ヒルトン、衰えない美貌に拍手
パリス・ヒルトン、衰えない美貌に拍手

「お嬢様セレブ」として人気を博し、ちょっとおバカなキャラで爆発的人気を不動のものにしたパリス・ヒルトン。しかし実は商才もあってビジネスは大成功。しかもリアリティ番組に出演当時はわざとキャラや声を変え、視聴率アップにおおいに貢献していたのだという。さてそのパリスもすでに37歳。そろそろ「ちょっと老けた?」と言われてもいい頃なのだが、パリスは今もしわひとつない。

そんなパリスに美肌維持の方法を教えたのは、やはりいくつになっても美しい母キャシー・ヒルトン(59)。キャシーは「絶対に日焼けをしないこと」と娘に教え続けたといい、パリスもその教えに従い、大好きなビーチに繰り出す時も日焼け止めクリームは欠かさなかったようだ。

また仕事のない日には、完全にノーメイク。外に出るときはスッピンがバレないよう、目のみならず眉まで隠れるほどビッグサイズのサングラスで最も印象的な目元を隠しているのだとか。しかしだからといって「素顔はブサイク」というわけではなく、スッピンのパリスはアラフォーとなった今も「まるで10代の女子のよう」と言われるほど。しかしプチ整形・若返り手術に夢中の友達に影響を受けて、本人も「アタシもボトックスを受けようかしら」と美容の専門医に相談したというが、医師の反応は「は?」-パリスのシミ、しわひとつない肌を見て「この肌にボトックスなど絶対に打ちません」と拒否したほか、「将来的にボトックスが必要になるかも疑わしい」とパリスに告げたというのは有名な話である。

今ビーチで肌をおおいに焼いている人達も、「小麦色の肌も素敵」などと言ってハシャいでいる場合ではない。紫外線はなるべく避け、そして外出時には日焼け止めを。そして寝る前にはメイクもきれいに洗い流し、しっかりと肌を休ませてあげねばならない。なお昔からスッキリ体型が魅力的なパリスだが、それは日々一生懸命に働いているからだという。ビジネスウーマン、DJ、タレントなど様々な顔を持つパリスに、デップリと太る暇はないのだ。そんなパリスは今年、クリス・ジルカと婚約したばかり。輝くばかりに美しいパリスの花嫁姿が見られるのも、もうそろそろであろうか。

画像:『Instagram』Paris Hilton

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Kayla星谷/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
ジェニロペも驚いた!? 元夫マーク・アンソニーが20億円超の豪邸を購入
ビヨンセ「クリエイティブな生き方が好き」 実力派アーティストの存在感さらに
セレーナ・ゴメス、苦い恋を経て前向き「恋人を作る前にすべき事があるの」
ヒュー・ジャックマンは親日家 でも過去には赤面ハプニングも…
アンジー&ブラピ 6人の子の親権でモメて離婚協議サッパリ進まず