コロラドの大学、卒業証書に痛恨のスペルミス 発行済み9,200枚を再作成か

この記事をシェアする

米コロラド州西部のグランド・ジャンクションという町にある「コロラド・メサ大学(Colorado Mesa University)」で、9000枚を超す卒業証書について大学の評議員会の文字にとんだ印字ミスがあった。次々と再発行が求める訴えが舞い込んでいるもようだ。

卒業証書を片隅までじっと見ていたため、ふとそのミスに気づいたというのは、2018年度の卒業生でユタ州サウスソルトレイク在住のアレック・ウィリアムズさん。“Board of Trustees(大学の評議員会)”とあるべきところ、“Coard of Trustees”となっていたのだ。アレックさんが大学側にその旨を訴えると、正しいスペルの証書が後ほど送られてきたが、大学側には卒業生全員に速やかなる対応を取る気配が感じられなかったという。

呆れたアレックさんはTwitterを通じて7日、2018年度のすべての卒業生に対して「“Coard of Trustees”というタイプミスのある卒業証書を受け取った可能性があります。それを確認したら必ずや大学に正しいスペルの証書を再発行するよう請求するべきですよ」と呼びかけた。

画像:『Twitter』Alec Williams

参照:『Fox31 Denver』Colorado Mesa University reprinting diplomas because of typo

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<動画>エリザベス女王を守る近衛兵はおっかない 高齢・未成年者でも容赦せず