<世界旅紀行>『エジプト』その3 ナイル川クルーズ4泊の旅

この記事をシェアする
憧れの帆掛け船「ファルーカ」を体験(Photo by 朝比奈)
憧れの帆掛け船「ファルーカ」を体験(Photo by 朝比奈)

~目標は世界遺産・厳選52か所の制覇~

Day3-Day6 ナイル川クルーズ

いよいよ憧れの「ナイル川クルーズ」でルクソールからアスワンへの旅です。各客室にバスルームが付いた大きなクルーズ船に4泊し、1日3食つきの料金になっています。観光客それぞれのグループごとにツアー・ガイドさんも同行しますが、彼らは船内1階の質素な客室に泊まっていたようです。クルーズの旅のよいところは、大きな荷物や貴重品は客室に置いたまま、小さなバッグひとつで観光に出られることです。乗り心地もよく、コックさんが何人も乗っているのでお食事もナイス。何もすることがない移動中はプールやデッキでくつろぎ、行きかう船や沈む夕陽を眺めるなど景色も最高ですから飽きることがありません。バスの旅も快適ですが、土地を移動してもスーツケースを動かさなくてよい、これはクルーズならではの特権でした。



<ルクソール東岸>

■カルナック神殿

カルナック神殿へは日中と夜の2度訪れました。夜に開催される「音と光のショー」も感動的でした。

カルナック神殿のアメン大神殿 大列柱室(Photo by 朝比奈)
カルナック神殿のアメン大神殿 大列柱室(Photo by 朝比奈)
カルナック神殿(Photo by 朝比奈)
カルナック神殿(Photo by 朝比奈)

一番の見どころとなるのがこれらアメン神殿の「大列柱室」です。高さ21m、直径は3m以上の134本も並ぶ巨大な柱は圧巻で、柱の天頂は開花式パビルス。豪華なレリーフにも保存状態の良さが感じられます。崩壊した部分が散乱し、安全面のせいかロープで隔離されているところもありました。トトメス一世と女王ハトシェプストのために建てられた見事なオベリスクは健在です。

カルナック神殿は見どころ満載(Photo by 朝比奈)
カルナック神殿は見どころ満載(Photo by 朝比奈)
カルナック神殿の夜(Photo by 朝比奈)
カルナック神殿の夜(Photo by 朝比奈)
カルナック神殿「音と光のショー」(Photo by 朝比奈)
カルナック神殿「音と光のショー」(Photo by 朝比奈)

 

■ルクソール神殿

ルクソール神殿とオベリスク(Photo by 朝比奈)
ルクソール神殿とオベリスク(Photo by 朝比奈)



<ルクソール西岸>
■王家の谷

王家の谷「ハトシェプスト女王葬祭殿」(Photo by 朝比奈)
王家の谷「ハトシェプスト女王葬祭殿」(Photo by 朝比奈)
メムノンの巨像/アメンホテプ3世の石像2体(Photo by 朝比奈)
メムノンの巨像/アメンホテプ3世の石像2体(Photo by 朝比奈)
ツタンカーメン王の墓(Photo by 朝比奈)
ツタンカーメン王の墓(Photo by 朝比奈)

撮影禁止でしたのでチケットのみしかご紹介できません。そこにはツタンカーメン他3王の墓があり、有名な壁画 「昼の書と夜の書」「死者の書」も見れました。

 

■エドフ神殿(ホルス神殿)
エドフで下船後は、馬車に乗り換えます。最高の気分でホルス神殿へ!

馬車に乗ってエドフ神殿へ向かう(Photo by 朝比奈)
馬車に乗ってエドフ神殿へ向かう(Photo by 朝比奈)
エドフ神殿(Photo by 朝比奈)
エドフ神殿(Photo by 朝比奈)
まるで栞のよう(Photo by 朝比奈)
まるで栞のよう(Photo by 朝比奈)

内部はひんやり。光とレリーフが織りなす魔法のような美しさが印象的でした。

 

エドフ神殿列柱上部(Photo by 朝比奈)
エドフ神殿列柱上部(Photo by 朝比奈)

列柱室では上部に注目。ひとつひとつ違うのです。

 

右手からまさかのWi-Fiが!? (Photo by 朝比奈)
右手からまさかのWi-Fiが!? (Photo by 朝比奈)

3000年前にまさかのWi-Fiが…!?

 

ホルス神(Photo by 朝比奈)
ホルス神(Photo by 朝比奈)

ホルス神はハトではなく鷹だそうです。


またクルーズ船に戻ります。エジプトの有名遺跡はほとんどがナイル川沿いに存在するため、時間的にも労力的にもナイル川クルーズの効率的な旅は超おすすめです。

ラグジュアリーなDahabiya船が優雅に通り過ぎるナイル川(Photo by 朝比奈)
ラグジュアリーなDahabiya船が優雅に通り過ぎるナイル川(Photo by 朝比奈)

 

■コムオンボ神殿

 

夜のコムオンボ神殿(Photo by 朝比奈)
夜のコムオンボ神殿(Photo by 朝比奈)
コムオンボ神殿セベク神のレリーフ(Photo by 朝比奈)
コムオンボ神殿セベク神のレリーフ(Photo by 朝比奈)

新王国時代のトトメス3世が創建し、ワニの頭で知られるセベク神に捧げられた神殿です。

レリーフがとにかく美しいコムオンボ神殿(Photo by 朝比奈)
レリーフがとにかく美しいコムオンボ神殿(Photo by 朝比奈)

トト神、ハトホル女神、プトレマイオス13世、バステト女神、ホルス神の姿があります。

この後、アスワン滞在を経てナイル川クルーズとはお別れです。次回はいよいよ長年の憧れだった世界遺産「アブシンベル神殿」とのご対面をお届けします。1泊して夜も朝も楽しんでみました。どうぞお楽しみに!

■本記事の画像著作権はエトセトラ・ジャパンにあります。画像を使用されたい場合はお問い合わせください。

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
<世界旅紀行>目標は世界遺産「厳選52か所」を制覇すること
<世界旅紀行>Vol.1 『カンボジア・シェムリアップ』その3 クメール料理と有名レストラン
<世界旅紀行>Vol.1 『カンボジア・シェムリアップ』その4 アンコールワット、アンコールトムほか遺跡巡り
<世界旅紀行>Vol.2 『エジプト』その1
<世界旅紀行>Vol.2 『エジプト』その2 エジプト考古学博物館、ピラミッド、スフィンクスほか