ブラピ、アンジーの離婚申請から約2年で「もう10億円以上は支払った」

この記事をシェアする
あんなに愛し合ったふたりなのに…
あんなに愛し合ったふたりなのに…

何年にも及ぶ熱愛を経てゴールインし、6人もの子を仲良く育てていたブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー。そのふたりの関係も、「ブラッドvs長男」の親子喧嘩を機に破綻。一時は弁護士を介してしか連絡もし合わず、アンジェリーナによる離婚申請から約2年が経過する今も、子ども達の親権・養育費などにつき合意に至っていない。

そんな中、このほどアンジェリーナが法廷に文書を提出。「ブラッドから支払われている養育費に不満がある」と申し立て、それを受けたブラッド側は激怒。その主張につき「メディア報道を利用しようという魂胆がみえみえ」と痛烈に批判し、弁護団も「ブラッド側は、養育費の支払いがないとの主張に断固として異議を唱えます」「アンジェリーナさんが現在暮らす邸宅を購入する際には9億円近くを貸しています。それにアンジェリーナさんと未成年の子ども達に、これまで約1億4500万円を支払っているのです」といった内容の文書を裁判所に提出している。

大変な子煩悩パパであるブラッドには資産も充分にあるため、養育費を出し渋って子ども達を困らせるとは考えにくい。しかし一方、子どもの親権につき自分の思うように話が進まず、アンジェリーナの苛立ちは募るばかり―とはいえ、わずか2年足らずでこれだけの支払いをブラッドより受けたのであれば、たとえ子どもが多かろうが、アンジェリーナも「養育費が足りない」との主張を貫くのは困難であろう。

一時は「ずいぶん良くなった」とも言われていたふたりの仲だが、この様子では決着がつくのはまだまだ先になりそうだ。

画像:『Facebook』Mr.& Mrs. Smith

参照:『Page Six』Brad Pitt claims he’s paid Angelina Jolie more than $9M since split

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Kayla星谷/エトセトラ)