<世界旅紀行>『エジプト』その1 是非ともナイル川クルーズを含めて!

この記事をシェアする
幼い頃からの夢、ピラミッドへ(Photo by 朝比奈)
幼い頃からの夢、ピラミッドへ(Photo by 朝比奈)

~目標は世界遺産・厳選52か所の制覇~

こんにちは! 『エトセトラ』の朝比奈ゆかりです。
世界各国の考古学博士や研究家が長期にわたり滞在し、国境を越えたチームを組んで調査や発掘作業を行っているエジプト。スフィンクスを見たい、ピラミッドに入ってみたい―エジプトに出かけることは幼いころからの長い夢でした。



安く上げたい、滞在時間や食事先を自分で決めたいといった理由から、海外旅行はすべて個人手配でという私ですが、エジプトでは陸の長距離移動時に身代金目的の誘拐やイスラム過激派組織の襲撃がまれに起きていることから、トリップアドバイザーをみて高い人気を獲得しているツアー会社に交渉してみると、実にリーズナブルな料金でこちらの希望に沿ったプランをメールで提案してくれました。

ルクソールを拠点としているその会社はルクソールから南側を担当してくれるといい、旅の前半となるカイロ・ギザ周辺については、エジプトではかなり有名な日本語も話せるガイドさんを手配してくれました。全行程、陸地の移動はエアコン付きの新しいバンでとても快適です。さらに4泊する予定のナイル川クルーズについても、「記念旅行とか夫婦の浪漫旅行とかじゃないなら、コスパ最高の船を選んだら? クルーザーの価格はピンキリだからね」と言われ、「ESADORA」号をチョイスしてくれました。

素晴らしいナイル川クルーズ(Photo by 朝比奈)
素晴らしいナイル川クルーズ(Photo by 朝比奈)

ナイル川クルーズに限らずですが、クルーズの旅というと「最後の夜に船内で行われるダンスパーティが苦手」とおっしゃる方が多いですよね。それは私も同じです。でも「ESADORA号に乗るのは欧米人ばかりだよ」と聞き、安心しました。どこにいても場を盛り上げてくれるのはやっぱり欧米人。「イエ~~イ」と親指を立てて声援を送り、思い切り拍手していればイイのです。しかも簡単なゲームが盛沢山で、これはとても楽しいものです。臆せずに参加してみてくださいね。

行程は、エジプトで8日間を過ごした後、トルコのイスタンブールで2泊。最高の思い出になりました、素晴らしい写真もたくさん撮影しましたので、次のページからご覧ください。

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

■本記事の画像著作権はエトセトラ・ジャパンにあります。画像を使用されたい場合はお問い合わせください。

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

【こちらの記事もどうぞ】
<世界旅紀行>Vol.1 『カンボジア・シェムリアップ』その1
<世界旅紀行>Vol.1 『カンボジア・シェムリアップ』その2 空港とホテル
<世界旅紀行>Vol.1 『カンボジア・シェムリアップ』その3 クメール料理と有名レストラン
<世界旅紀行>Vol.1 『カンボジア・シェムリアップ』その4 アンコールワット、アンコールトムほか遺跡巡り
<世界旅紀行>Vol.2 『エジプト』その2 エジプト考古学博物館、ピラミッド、スフィンクスほか