<セレブ★ビフォーアフター>マセて当然な家庭環境、イジることに違和感もない!? ケンダル・ジェンナー

この記事をシェアする
ケンダル・エンナーその若さで鼻筋も唇も…。
ケンダル・エンナーその若さで鼻筋も唇も…。

加齢は残酷な現実と言わざるを得ないセレブが多い一方で、「ますます美しくなっていく」と誰からも褒めたたえられるのが、10代後半や20代前半のセレブたち。無駄な肉ひとつないのはボディラインもフェイスラインも同じ。アゴのラインがすっきりとした横顔の美しさにはため息が出る。

その代表格として今回ご紹介するのは、世界No.1スーパーモデルのケンダル・ジェンナーだ。ハリウッドが世界に放った超有名ヤングセレブで、もはやキム・カーダシアンの異父妹という肩書は不要。その稼ぎっぷりがこれまたスゴイと評判になっている。なんと2200万ドルもの年収で、現在モデルにおける長者番付の堂々1位に輝いているのだ。

そんなケンダルの大きな悩みはニキビ。まだ22歳ではそれも仕方ない話だが、フォトショップ加工ひとつなく高画質で紹介されるパパラッチ写真にニキビに関する心無いコメントが並ぶことは、彼女を心底イラッとさせるようだ。ケンダルが異様なほどパパラッチを嫌うのは、そのあたりが原因かもしれない。

それにしても10年でこんなにも美しく変貌したケンダルには驚くばかり。ハリウッドで活躍する美しい姉達を持ち、幼い頃からリアリティ番組に登場していたケンダルは常に世間から注目される生活を続けてきた。ファッション、ビューティ系の雑誌、そして高級コスメが散らかっているような家庭環境にあれば幼い頃から美意識が高まって当然であろう。また、母親のクリス・ジェンナーも美容施術や美容整形手術に夢中であり、ケンダルもそうしたものに何ら違和感を抱いていなさそうだ。まだ若いだけに、彼女の現在の美貌については「羨ましい」ばかりか「イタイタしい」といった声も多々あるようだ。

画像:Picbear『KENDALL JENNER 2009 / 2018

ケンダル・ジェンナーのビフォーアフター写真、いかがでしたか? 次回は”あの”セレブです。どうぞお楽しみに…!

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)

【こちらの記事もどうぞ】
セレブ・ビフォーアフター/アンジェリーナ・ジョリー
セレブ・ビフォーアフター/ブリトニー・スピアーズ
‎・セレブ・ビフォーアフター/アリアナ・グランデ
セレブ・ビフォーアフター/‎キャメロン・ディアス
セレブ・ビフォーアフター/ケイティー・ホームズ