<洋楽マニア>静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 イリアーヌ・イリアス『Call Me』

この記事をシェアする
音楽がイイお店を求めてどこまでも…(Photo by 朝比奈)
音楽がイイお店を求めてどこまでも…(Photo by 朝比奈)

ここまで男性ばかりで来てしまいましたが、女性のバラードも実にいいですね。ただ女性シンガーの場合、メロディのサビが強すぎる、あるいは超ドラマチックな歌い方のため、“静かな夜、ワイン片手に聴きたい曲”とならないことも多いものです。

そこでご登場いただいたのが、ボサノバジャズを得意とするイリアーヌ・イリアスです。ボサノバをしっとりと歌う女性歌手に求められるもの。それはちょっとハスキーでソフトな温もりのある歌声ではないでしょうか。日本ではすっかり有名な小野リサさん。彼女の醸す優しく落ち着いた雰囲気が大好きという方におススメしたいのが、ブラジル出身の女性歌手イリアーヌ・イリアス(Eliane Elias)です。凄腕のジャズ・ピアニストでもあります。幼少からビル・エヴァンスやハービー・ハンコック、キース・ジャレットなどを聴いていたというだけあって、イントロやインターリュードはかなりジャズ色が強めです。

私は彼女のアルバムの中では大ヒットした『Call Me』や『That’s All』が収められている2004年の『Dreamer』というアルバムが好きです。とても魅力的なイリアーヌ。余計な話ではありますが、最初の夫は著名なトランペットおよびフリューゲルホーン奏者であるランディ・ブレッカーでした。

動画:『YouTube』Eliane Elias – Call Me – Jazz (HD)

こういうの好き、と気に入って下さった方のため、オマケにもう1曲どうぞ!

動画:『YouTube』Eliane Elias – That’s All

どうぞ次回もお楽しみに…。

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)