<洋楽マニア>静かな夜、ワイン片手に聴きたい逸曲 ジョージ・ベンソン『Turn Out The Lamplight』

この記事をシェアする
夢の彼方に連れていってくれる音楽、いいですね(Photo by 朝比奈)
夢の彼方に連れていってくれる音楽、いいですね(Photo by 朝比奈)

疲れた神経にとても優しく、ひたすらロマンチックでひたすら美メロ。そんな音楽に酔いしれてみたいアナタにおススメしたい珠玉の一曲…シリーズはまだまだ続きます。

ところで心底私を酔わせてくれるバラードというと、なぜかすべて黒人アーティストばかりで、しかも男性歌手ばかりなのです。「実は男はロマンチスト」といった言葉はあながち嘘ではないのでしょうね。

こちらは後でちょっと触れる予定の美メロの魔術師、超有名音楽プロデューサーであるトミー・リピューマさんが手がけた数々の名曲の中でも、特にレディー・キラーと呼ばれる一曲です。こんな曲を流されて口説かれたら参っちゃいますよね!

元はジャズ・ギタリストであるジョージ・ベンソンが1976年に放った大ヒットアルバム『ブリージン(Breezin’)』に収録されています。

動画:『YouTube』George Benson – Turn Out The Lamplight

どうぞ次回もお楽しみに…。

(朝比奈ゆかり/エトセトラ)