英キャサリン妃 彼女が多くの人々に愛されるわけ

この記事をシェアする
世界を魅了したキャサリン妃
世界を魅了したキャサリン妃

2011年に最愛の男性ウィリアム王子の妻となり、その清楚な美しさと品の良さで世界中の人々を瞬く間に魅了したキャサリン妃。今は3児の母でありながら公務もこなし、自由になる時間には子ども達や夫とも「フツーの家族」として過ごすキャサリン妃は、どうしてこんなにも人気が高く、アンチが少ないのか。



メーガン妃がヘンリー王子と結婚してから数か月。同妃に関しては気の毒なほど父方の家族にアレコレと暴露されたびたびゴシップネタにされているが、一方ヘンリー王子の兄ウィリアム王子が大学時代に一目ぼれして求婚・結婚にいたったキャサリン妃については、否定的な報道は皆無に等しい。

それは一体どうしてなのか。華やかさの部分では元女優のメーガン妃に多少劣るも「王室で一番輝いている」と多くの英国民が評価する理由を、記者の在英の友人達はこう分析している。



■ 普通の人らしく、共感できる
ウィリアム王子の妻でありながら、驕ることなく時には冗談まで言うキャサリン妃は「他の王室メンバーより普通で、自然体に見える」「英王室の人々は“雲の上の存在”っていう印象を覆したのよ」。そう語るのは、記者の友人で、実際にウィリアム王子夫妻に会ったことのある主婦である。

「全然気取ってないのよ。目が合うとニコッ。その時すごく親近感を覚えたけれど、決してチャラチャラした感じはなく、凛としていたわよ。」

■ ダイアナ妃とイメージがだぶる
故ダイアナ妃が愛した婚約指輪を、ウィリアム王子との婚約時に受け取ったキャサリン妃。その妃は夫ウィリアム王子が幼い頃に着ていたのとソックリな服を息子に着せることを好み、それを見るとダイアナ妃を愛した国民は「なんという心遣いだろう」とキャサリン妃の思いやりに癒される思いがするという。なお自宅にはダイアナ妃の写真を何枚も飾っており、「お前達にはこんなお祖母ちゃんもいるんだよ」と子ども達に言って聞かせる夫の切ない思いを、キャサリン妃はしっかりと受け止めているのだ。

■ 精神疾患問題への取り組み
子どものメンタルヘルスケアにつき高い関心を持ち、熱心に活動を続けるキャサリン妃―そんな妃の姿は、常に弱者に寄り添い、地雷除去キャンペーンへの協力でも世界を驚かせたダイアナ妃の姿と「どうしてもかぶる」と知人は語る。地雷撤去ほどの強烈なインパクトはないにせよ、王室のメンバーでありながら“タブー視されてきた”といっても過言ではない精神疾患につき真摯に取り組むキャサリン妃は、やはり強い心と信念の持ち主であると高く評価されているのだ。

■ 抜群のユーモアセンス
とても美しく品も良いキャサリン妃だが、冗談を言って人を笑わせるのが大好きな「フツー」の女性でもある。過去には豪シドニーでアルパカの毛を見せられ、思わず「クスッ」。薄毛の進行が残酷なほど早かった夫の頭を指さして「ちょっとこの頭に乗せた方が…」「私より夫がこの毛を必要としているんです」というまさかの禿げジョークで関係者を笑わせた。

一方ヘンリー王子の妻メーガン妃については、元女優だったこと、それゆえに過去には過激シーンを演じたことがあったことに加え、離婚歴や家族とのゴタゴタが大きな関心を集め、「“英国王子の妻”としてどうなのか?」という声も多く上がった。しかしメーガン妃もチャリティに熱心で、今は国民に受け入れられるべく日々前向きに生き公務も懸命にこなしている。どんなに外野に叩かれようと、一歩外に出れば真っ白い歯を見せニコッ。そしてヘンリー王子を支え寄り添う姿に魅了される人は多く、いつかはキャサリン妃と並ぶ人気者になる可能性も充分にありそうだ。

画像:『Instagram』kensingtonroyal

【こちらの記事もどうぞ】
女優キーラ・ナイトレイ 「キャサリン妃をディスった」との報道に反論
キャサリン妃、14年愛用しているブーツで公務 庶民的な妃に国民から「ナイス」の声
キャサリン妃の優しさが光るエピソード 白血病の少年を手紙で励ましたことも
英王室の人達のソックリさん集結画像が微妙でGood
メーガン妃にソックリのプラスサイズモデルがいた!
★インスタグラム始めました!@etcetera_japan