<元外資系CAその世界を語る>Vol.2 こんな皆さんに読んで頂きたいです!

この記事をシェアする
家族とギャレーで(Photo by 佐藤めぐみ)
家族とギャレーで(Photo by 佐藤めぐみ)

~外資系エアラインのCAとして世界81 都市に飛んだ日々~

多くの方がそうであるように、かつては私も日系エアラインのCAになることを目指していました。そのステータス、カッコイイ制服、すべての憧れと夢をそこに見ていたように思います。でも中東の金満経営エアラインに採用されたことについて、「期待していた以上のイイ思いをしているかも」と気づくのに長い時間はかかりませんでした。将来は国際線のCAになりたいとお考えのすべての皆さんに、中東エアラインのCAという選択肢もアリですよ、とお伝えできれば幸いです。



◎中東エアラインを含む外資系エアラインを目指す皆様へ

発展著しい中東のある都市を拠点に、世界各国に飛べたことは本当に素晴らしい経験となりました。人間関係の面倒くささを感じたこともなく、伸び伸びと仕事を楽しめたと思います。ただひとつ、せっかく憧れのCAの仕事に就けるというのに訓練期間半ばにしてその道を断念し、日本に帰国してしまう同僚が多かったことには何度も落ち込みました。CAは憧れ、夢の仕事と捉えていた期間が長い分、誰もが現実を目の当たりにして苦しみ、深く悩んだ末の決断なのでした。そのため、これを読んでくださる皆さんがもしも中東エアラインCAの試験に挑み、合格されたら必ずやスムーズに渡航され、意気揚々として訓練に挑んで頂きたいと願ってやみません。色々と書くことでその橋渡しができれば何より幸いです。それから外資系エアラインの中には、日本とその国を往復する路線の乗務のために日本人を雇っているところも多々ありますので、実際にどのような国に飛び、ステイできるのか情報収集はぬかりなく行ってくださいね。

〇 日系エアラインを目指す皆様へ

絶対に日系エアラインのCAを目指すとおっしゃる方にも、「読んで損はなかった」と言って頂けるのではないかと思います。日系エアラインCA独特の華やかさ、ホスピタリティ精神や笑顔の美しさは誰にも否定できない完璧なものです。でもCAの業務そのものは世界のどのエアラインにおいても共通で、綺麗ごとではなく、驚くような、笑ってしまうような、あるいはガッカリさせてしまうようなエピソードも実は共通のものなのです。そのあたりも暴露してみたいと思いますので、「まぁ知っておいて損はないかな」程度のお気持ちでお付き合い下されば嬉しいです。

〇 CA経験者の皆様

以前CAをされていた方には、「あるある!そう、そうなのよね!」と苦笑まじりに楽しんで頂ければと思います。「どうしたらCAになれますか?」「外資系ならどのエアラインのCAがおススメですか?」といった質問を受けられることが多々あるものとお察ししますが、「中東のエアラインってどうなんでしょう」と尋ねられた際、どうかこのコラムを参考にして頂き、「選択肢の一つのとして十分にアリ」と薦めて頂ければ本当に光栄です。

◎ CAを目指すかどうか真剣に悩んでいる皆様へ

そして最後に、真剣にCAを目指すかどうかを迷われていらっしゃる方にも。最後まで読んで頂いた時、そもそも絶対にCAになりたいという信念をお持ちの方は、それがより一層明確な意志となることでしょう。その一方で、「挑戦してみたいけれど諦めた方が賢明なのか。でも諦めきれない」などと迷っておられる本当に多くの方々には、これからお話しする内容がきっかけで「よし、こんなに大変なのではやめる」と諦めの決心がつくかもしれないのです。何しろ20代前半は人生においてとても大切な時期です。同じ諦めるのでも何となく諦めて後悔を残すより、前向きな気持ちで潔くキッパリと断念し、ご自分が本当に輝ける次の道を模索して頂きたいと切に思うのです。訓練期間中、志半ばにして帰国した仲間はその後にどれほど悔やみ、落ち込んでしまったことでしょう。夢の実現に向け一緒にあれこれと語り合った間柄だけに、それを想像するだけで胸が苦しくなります。

>>> Vol.3 「なぜ米国のエアラインを選ばず、中東のエアラインに狙いを定めたのか」に続きます >>>

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(佐藤めぐみ/エトセトラ)



<目 次>

Vol.1 子供の頃から“スチュワーデスのお姉さん”になりたかった私

Vol.2 こんな皆さんに読んで頂きたいです!

Vol.3 なぜ米国のエアラインを選ばず、中東のエアラインに狙いを定めたのか

Vol.4 地獄の訓練

Vol.5 初めての乗務 泣いて笑って

Vol.6 お客様も色々な方が…王族の乗務、そして男性客のセクハラ

Vol.7 クレームはやっぱり怖い

Vol.8 ロングフライト中のクルー交代制度

Vol.9 整容検査(グルーミングチェック)は厳しい 美容整形はOK?

Vol.10  CAは美の競い合いの世界 人気のコスメはやっぱり…

Vol.11 空飛ぶ美しいオカマちゃんたち

Vol.12 緊張感みなぎる空の仕事 フライト前のブリーフィング

Vol.13 緊張感みなぎる空の仕事 ファーストエイド=救命救急

Vol.14 緊張感みなぎる空の仕事 実は多い各種のトラブル

Vol.15 CAの仕事は危険と健康不安がつきもの

Vol.16 CAになるとイイ思いをすることも多いの? もちろんイエス!

Vol.17 CAになるとイイ思いをすることも多いの? 航空券ほかの優遇制度

Vol.18 大好きなアノ方たちとの極秘2ショットは私の宝物

Vol.19 若い女性だもの恋はしていたい! パイロットとの恋愛は? まさかの不倫は?

Vol.20 若い女性だもの、恋はしていたい! ゼネコンや商社の男性たちとの合コンは?

Vol.21 素晴らしい社員寮! でもインターネット環境は…!?

Vol.22 イスラム教徒の国に暮らすことの真実

Vol.23 日本人CA同士の絆と結束 外出時に利用する交通機関、実は…。

Vol.24 クルーの出身は世界各国 ビジネス・ファーストクラスへの昇格は?

Vol.25 クルーの出身は世界各国 やがて見えてくるそれぞれの国民性と苛立ち

Vol.26 お客様から学んだこと カルチャーショックの連続【その2】

Vol.26 お客様から学んだこと カルチャーショックの連続【その1】

Vol.27 お客様から学んだこと 日本人旅行客にみるオバチャンたちのたくましさ

Vol.28 UFOに遭遇するって本当? 見た場合はどう対処するの?

Vol.29 ひどい乱気流でわかる揺れやすい席 万が一の際、少しでも安全な席は!? 

Vol.30 飛行機に乗ることが「どうしても怖い」という方へ

Vol.31 世界の危険な国々 ~不安の払しょくには知識と警戒心をVol.31 世界の危険な国々

Vol.32 雇用は3年ごとに更新。最初の3年を満了しただけで退職した理由

Vol.33 家族に万が一のことがあった場合は!? 緊急時に帰国は許されるのか

Vol.34 中東の二強エアラインを簡単に比較

Vol.35 CA受験合格に王道なし 学歴は?留学は?スクールは?

Vol.36 CA受験合格に王道なし 留学、そして専門学校の必要性は?

Vol.37 実際の試験はどのように行われたのか