<「これが知りたかった!」英語表現>レストランでのリクエスト表現を覚えよう 

この記事をシェアする
美味しいモノもたくさんあるよ!(Photo by Austin)
美味しいモノもたくさんあるよ!(Photo by Austin)

Hey, what’s up? 英語の勉強、はかどってるかな?

さて、今日も少しだけレストランでの英語表現を紹介するね。外食する機会は多いし、特に旅行の場合は「外食ばっかり」なんてことも多いだろうから、ぜひ色々と簡単な表現を覚えていただきたいと思うんだ。

で、まずはアメリカの食事だけど、すごく味が濃いなと思うこともあれば「あれ、味がちょっと…」「塩気が足りないな」なんてことは結構あるものなんだ。そんな時に使える便利で簡単な英語表現、それ以外にもよく使うリクエスト表現を、今日はいくつか紹介したいと思う。



(1) Can I please have some more salt?
「お塩をもう少しいただけますか?」
テーブルに塩の容器があるのに、いざ使おうと思ったら中身が空っぽ、なんてこともある。そういう時には手をあげてお店の人に来てもらい、こう言うと持ってきてもらえるよ。ちなみに「Yes」「No」で答えられるこういうこういうリクエストは、文章の最後を上げて発音するって覚えておいておいてね。

(2) Excuse me, could I get a few extra napkins?
「すみません、あと何枚かナプキンをいただけませんか?」
小さい子を連れてファーストフードのお店に行くときなど、オーダーした商品を貰う際に多めにナプキンをリクエストしておく人は結構多いね。小さい子はジュースをこぼしたり手を油やソースでべとべとにしたりするものだから。それに予めテーブルにナプキンがあったのに使い果たしちゃった、なんて時にも使える表現だ。

(3) Can I get a box to take home the leftovers?
「残り物を持って帰りたいので、ひとつ箱をもらえませんか?」
アメリカで料理を注文すると、思っていた以上に1人前が多くて食べきれない、なんてことがある。そんな時には思い切って箱(容器)をくださいってリクエストするしかない。余らせても、どうせ廃棄してしまうだけでもったいないからね。全然恥ずかしくなんてないよ、僕も注文した料理を食べきれずに持ち帰るなんて、しょっちゅうさ。



■番外編■
レストランに行ったものの、急にトイレに行きたくなって困ってしまうことがあるだろう。そんな時には恥ずかしがらずにこうスタッフに聞いてみよう。
Excuse me. Where’s the bathroom?
「すみません、トイレはどこですか?」

ちなみにアメリカのレストランなどにあるトイレはドアが短く設置されているところが多いんだ。使用中の人の足が丸見えになるから、「使用中」のトイレはすぐ分かるって利点があるんだ。うっかり鍵を閉め忘れて、使用中にいきなりドアを開けられて大恥をかくってリスクも、これで回避できる。でも慣れていない人にはとっては「不愉快」だし「のぞかれそう!」って不安も感じるだろう。だけどもし「ドアが壊れていて外に出られない」なんて場合、下の隙間から出ることができる。公衆トイレの床を這って出るなんてゾッとするし「その気になればドアの上部から出ることもできる!」-確かにそうなんだよね。でも身体が弱い方、子ども、歩けない人やお年寄りに対する配慮でもあるんだろうね。

★インスタグラム始めました!@etcetera_japan

(Austin/エトセトラ)

<「これが知りたかった!」英語表現> 飛行機に乗っての長旅 必ず役立つ表現を覚えよう!
<「これが知りたかった!」英語表現>~番外編~リスニングが苦手な人に効果的な勉強法はコレ!
<「これが知りたかった!」英語表現> 相手の気持ちに寄り添いたい~優しい言葉 in English
<「これが知りたかった!」英語表現> 「どこで食べようか?」-提案表現や返事はコレが便利!
<「これが知りたかった!」英語表現> 暇な夜はTVや映画? 感想はこんな風に伝えよう
★インスタグラム始めました!@etcetera_japan